ショップ

取扱説明書

  • 準備中

製品概要

STM32F072-MINI
STM32F303-MINI

マイクロコントローラーに要求される性能や機能の向上を背景に、ARM Cortex-M シリーズをコアとした STM32 が広く利用されるようになってきました。

STM32F072-MINIはARMCortex-M0をコアとする STM32F072CBT6、STM32F303-MINIはARMCortex-M4 をコアとするSTM32F303CBT6を搭載し、ブレッドボード上で IoT 機器の開発や実験を手軽に行うための開発ボードとして開発されました。STM32F072-MINIは開発ボードに要求される代表的な機能をバランスよく搭載した開発ボードとなっています。一方、STM32F303-MINIはデジタル処理の性能や容量を高めるとともに、高機能なアナログ機能を統合した開発ボードとなっています。STM32F072-MINIとSTM32F303-MINIは、STM32 を使用し様々な応用に取り組みたい人に最適な開発ボードです。

STM32-MINIは以下のような特徴を持っています。

  • STM32F072-MINIはSTM32F072CBT6(48MHz, 128KFLASH, 16KRAM)を、STM32F303-MINIはSTM32F303CBT6(72MHz, 128KFLASH, 32KRAM)を搭載しています。
  • STM32F303-MINIは、4つのオペアンプ(PGA)を内蔵しています。
  • 単色のLED2個の他にWS2812B タイプのカラー LEDを1個を搭載しています。
  • OLED ディスプレイ (別売: www.amazon.co.jp/dp/B0CP46CSWV/ )を接続する端子を装備しており、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • Arduino IDE でプログラム(スケッチ)を開発できます。
  • 開発ボードへのファームウェア等の書き込みは、USB 接続で STM32CubeProgrammer を使用して行うことができます。
  • ドロップアウトが 300mV と少ない 800mA の電圧レギュレータを搭載し、STM32F072CBT6/STM32F303CBT6に安定した電源を供給できます。

回路図

STM32F072-MINI
STM32F303-MINI