You are here

I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:



I2C-PLUSへのI2Cデバイスの搭載例

I2C-PLUSには、3.3V信号の様々なデバイスを搭載、接続することができます。

I2C-PLUSにOLEDディスプレイやセンサー群を搭載した例



I2C-PLUSに搭載したBME280の使用例

BME280用のライブラリは、Arduino IDEのライブラリマネージャを利用してインストールすることができます。
ライブラリマネージャの検索フィルタに[BME280]を入力して絞り込むと、
BME280用のライブラリは、この文書の作成時点では3個ほど列挙されます。

ここでは、[BME280 by Tyler Glenn] とタイトルが付けられているライブラリを選択してインストールした場合のサンプルスケッチを示します。

#include <BME280I2C.h>

BME280I2C bme;
#define PRESSURE_HPA 1 // ヘクトパスカル

void setup()
{
  Serial.begin(115200) ;

  while (!bme.begin()) {
    delay(1000) ;
  }
}

void loop()
{
  float temp ; // 温度
  float hum ;  // 湿度
  float pres ; // 気圧

  // 気圧(hPa)、温度(摂氏)、湿度を取得
  bme.read(pres, temp, hum, true, PRESSURE_HPA) ;
  
  Serial.println("---") ;
  Serial.print("Temp: ") ;
  Serial.print(temp) ;
  Serial.println(" C") ;
  Serial.print("Humidity: ") ;
  Serial.print(hum) ;
  Serial.println(" % RH") ;
  Serial.print("Pressure: ") ;
  Serial.print(pres) ;
  Serial.println(" hPa") ;

  delay(1000) ;
}

I2C-PLUSの回路図

I2C-PLUS回路図

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: