You are here

ESP8266-LEAF

ESP8266-LEAFはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

ESP8266-LEAFの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • ESP-WROOM-02は、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • 使用者の自由な発想でハードウェア的に機能拡張するための信号線が引き出されています。
  • 拡張用の信号線は、基板上部の一列のピンヘッダーに引き出されており、ブレッドボードに挿して利用できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:49.5mmW X 40.6mmH

ESP8266-LEAFの利用法は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/esp8266/workshop/index


ESP8266-LEAF-R4(組立済)

ネットショップ:

ESP8266-LEAF (組立済)

OLEDディスプレイとBME280の搭載例

OLEDディスプレイを接続できるコネクタを装備しており、ボードの状態や、ネットから取得した情報などを文字表示だけではなく、グラフィック表示で示すことができます。

OLEDディスプレイの利用には、U8g2ライブラリを使用することができます。
U8g2ライブラリは、以下のURLからダウンロードできますが、Arduino IDEのライブラリマネージャで簡単にインストールすることができます。

https://github.com/olikraus/u8g2

U8g2ライブラリの前身のU8gライブラリは、組込み用MCUの少ないRAMでも利用できるようにするために、少々変則的な利用法となっていましたが、U8g2ライブラリでは、ESP-WROOM-02のように十分なRAMが組み込まれた最近のMCU用に、素直な利用法が行えるfull_buffer方式が利用できるようになっています。

MPU6050ととBME280の搭載例

TRIAL-ESP8266-LEAF-R4回路図

ソフトウェア開発環境

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: