You are here

WiFi

ESP8266-CORE

ESP8266-COREはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

ESP8266-CORE-R1 (組立済)

ESP8266-COREの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • ESP-WROOM-02は、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • ブレッドボードを利用した実験を行いやすいように細い形状にしています。
  • 様々な応用に対応した拡張ボードが用意されています。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:48.3mm X 20.3mm

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266-IoT-BASE

ESP8266-IoT-BASEの概要

ESP-WROOM-02を利用したIoT実験や開発を手軽に行えるように、IoTシステムに多用されるセンサー類とデバイス類を搭載するとともに、接続機能をまとめた拡張ボードキットです。

下記のESP-WROOM-02ボード(別売り)に接続して利用することができます。


  • ESP8266-CORE
  • ESPr Developer (スイッチサイエンス社)

ESP8266-IoT-BASEの組み立て例

BlynkやThingSpeakを使用して、手軽にIoT実験を行うことができます。

http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp8266/index
http://www.microfan.jp/iot/thingspeak/esp8266/index

ESP8266-IoT-BASEの特徴を以下に示します。


  • 環境センサーBME280を搭載し、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • 明るさセンサーを搭載し、周囲の明るさを取得することができます。
  • 赤外線LEDを搭載し、赤外線リモコンに対応した家電機器を操作する機能を実現することができます。
  • 赤外線受信機を搭載し、赤外線リモコンの信号を受信・解析することができます。
  • 圧電サウンダーを搭載し、電子音を鳴らすことができます。
  • LEDを1個搭載しています。
  • 3.3VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • 焦電センサ(人感センサー)などの外部デバイスを接続できる端子を装備しています。
  • RCサーボやNeoPixel/WS2812カラーLEDなどの5Vで稼働するデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • ESP-WROOM-02のディープスリープ機能を利用することができます。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載することができます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

MOTOR-LEAF

MOTOR-LEAFの概要

準備中

MOTOR-LEAFの利用例

ESP8266-LEAF-R5にDCモーターやRCサーボを接続できるようにする拡張ボードです。
ESP-WROOM-02をWebサーバーとして構成したり、Blynkを利用することにより、スマートフォンなどから操作できる自動車やロボットの作成に利用することができます。


  • ESP8266-LEAFに接続できます。
  • DCモーター2個を接続できます。
  • RCサーボ2個を接続できます。(NeoPixel/WS2812を接続することもできます)
  • 圧電サウンダーを搭載しています。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載できます。
  • I2Cの接続端子を搭載しています。

なお、ESP8266-LEAF-R5本体にMPU6050加速度・ジャイロセンサーを搭載できます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-MOTOR

ESP32-DEVC-MOTORの概要

準備中

ESP32-DEVC-MOTORの組み立て例(別売りパーツを含む)

ESP32-DevKitCにDCモーターやRCサーボを接続できるようにする拡張ボードです。
ESP-WROOM-32をWebサーバーとして構成したり、Blynkを利用することにより、スマートフォンなどから操作できる車やロボットの作成に利用することができます。


  • ESP32-DevKitC相当品(別売り)を搭載できます。
  • DCモーター2個を接続できます。
  • RCサーボ8個を接続できます。(NeoPixel/WS2812を接続することもできます)
  • 3個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 圧電サウンダーを搭載しています。
  • LEDを搭載しています。
  • MPU6050/MPU9250加速度・ジャイロセンサー(別売り)を搭載できます。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載できます。
  • I2Cの接続端子を装備しています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32でThingSpeak

ESP32-DEVC-HOMEとThingSpeakを利用してIoT実験を行ってみました。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: BlynkのWidget

CONTROLLERS

DISPLAYS

INTERFACE

NOTIFICATIONS

OTHER

SMARTPHONE SENSORS

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32: BlynkのWidget

CONTROLLERS

DISPLAYS

INTERFACE

NOTIFICATIONS

OTHER

SMARTPHONE SENSORS

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - WiFi