You are here

RCサーボ

MOTOR-LEAF

MOTOR-LEAFの概要

準備中

MOTOR-LEAFの利用例

ESP8266-LEAF-R5にDCモーターやRCサーボを接続できるようにする拡張ボードです。
ESP-WROOM-02をWebサーバーとして構成したり、Blynkを利用することにより、スマートフォンなどから操作できる自動車やロボットの作成に利用することができます。


  • ESP8266-LEAFに接続できます。
  • DCモーター2個を接続できます。
  • RCサーボ2個を接続できます。(NeoPixel/WS2812を接続することもできます)
  • 圧電サウンダーを搭載しています。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載できます。
  • I2Cの接続端子を搭載しています。

なお、ESP8266-LEAF-R5本体にMPU6050加速度・ジャイロセンサーを搭載できます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-MOTOR

ESP32-DEVC-MOTORの概要

準備中

ESP32-DEVC-MOTORの組み立て例(別売りパーツを含む)

ESP32-DevKitCにDCモーターやRCサーボを接続できるようにする拡張ボードです。
ESP-WROOM-32をWebサーバーとして構成したり、Blynkを利用することにより、スマートフォンなどから操作できる車やロボットの作成に利用することができます。


  • ESP32-DevKitC相当品(別売り)を搭載できます。
  • DCモーター2個を接続できます。
  • RCサーボ8個を接続できます。(NeoPixel/WS2812を接続することもできます)
  • 3個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 圧電サウンダーを搭載しています。
  • LEDを搭載しています。
  • MPU6050/MPU9250加速度・ジャイロセンサー(別売り)を搭載できます。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載できます。
  • I2Cの接続端子を装備しています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-MOTOR-BASE

準備中

ESP-WROOM-02にDCモーターやRCサーボを接続できるようにする拡張ボードです。
ESP-WROOM-02をWebサーバーとして構成したり、Blynkを利用することにより、スマートフォンなどから操作できる車やロボットの作成に利用することができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

IoT-BOOSTER

準備中

Arduino UNOとBlynkを使用して、手軽にIoT実験を行えるようにしたシールドキットです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-IoT-BASE

準備中

ESP-WROOM-02を利用して、手軽にIoT実験を行えるようにセンサー類をまとめた拡張ボードキットです。

BlynkやThingSpeakを使用して、手軽にIoT実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: BlynkでRCサーボ

Arduino UNOにRCサーボを接続してみましょう。
ここでは、電源と信号線の距離の関係で、RCサーボをGNDとA0に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32: RCサーボの制御

ESP32-DEVC-HOMEやESP32-DEVC-KEYでRCサーボを操作します。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-motor

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32: BlynkでRCサーボ

ESP32-DEVC-HOMEやESP32-DEVC-KEYでRCサーボを操作します。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: BlynkでRCサーボ

ESP8266-LEAF-R5でRCサーボを操作します。

ESP8266-LEAF-R5には、5Vの電源とレベルを5Vに変換した信号を出力する端子が装備されており、RCサーボやWS2812カラーLEDを直接接続することができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - RCサーボ