You are here

PWM

MOTOR-LEAF

MOTOR-LEAFの概要

準備中

MOTOR-LEAFの利用例

ESP8266-LEAF-R5にDCモーターやRCサーボを接続できるようにする拡張ボードです。
ESP-WROOM-02をWebサーバーとして構成したり、Blynkを利用することにより、スマートフォンなどから操作できる自動車やロボットの作成に利用することができます。


  • ESP8266-LEAFに接続できます。
  • DCモーター2個を接続できます。
  • RCサーボ2個を接続できます。(NeoPixel/WS2812を接続することもできます)
  • 圧電サウンダーを搭載しています。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載できます。
  • I2Cの接続端子を搭載しています。

なお、ESP8266-LEAF-R5本体にMPU6050加速度・ジャイロセンサーを搭載できます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

IoT-BOOSTER

準備中

Arduino UNOとBlynkを使用して、手軽にIoT実験を行えるようにしたシールドキットです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: LED操作

ESP8266-BLADE/LEAF/KEYを対象として、Arduino for ESP8266の利用例を示します。



BLINK:LEDの単純な点滅

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

LEDの明るさをPWMで制御する実験をします。

PICSYS24では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。ここでは、コネクタCN5にLEDを接続してPWM表示制御の実験をしてみます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PICSYS18では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 
Subscribe to RSS - PWM