You are here

温度センサー

CLCD-BOOSTER-R4

CLCD-BOOSTER-R4の概要

準備中

好評を博したArduino用の多機能シールドCLCD-BOOSTER-R3の後継機種として開発しました。
ご目的に応じてR3とR4の適切なボードをご利用ください。

CLCD-BOOSTER-R4の組み立て例

CLCD-BOOSTER-R4の特徴を以下に示します。


  • 16文字×2行の文字液晶ディスプレイを装備し、Arduino標準のLiquidCrystalライブラリで制御できます。
  • 3個のタクトスイッチを搭載し、入力や機能の選択に利用できます。
  • 2個のLEDを搭載し、PWMの実験などにも利用できます。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 明るさセンサーを装備しています。
  • 環境センサーBME280(別売り)を搭載できる接続端子を装備しています。
  • 超音波距離センサーHR-04モジュール(別売り)の接続端子を装備しています。
  • RCサーボやカラーLED(NeoPixel/WS2812)を接続できる端子を2個装備(LEDと端子を共用)しています。
  • 5Vと3.3VのI2C接続端子をそれぞれ1個装備しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

開発ソフト: 

IoT-BOOSTER

準備中

Arduino UNOとBlynkを使用して、手軽にIoT実験を行えるようにしたシールドキットです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-IoT-BASE

準備中

ESP-WROOM-02を利用して、手軽にIoT実験を行えるようにセンサー類をまとめた拡張ボードキットです。

BlynkやThingSpeakを使用して、手軽にIoT実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32でThingSpeak

ESP32-DEVC-HOMEとThingSpeakを利用してIoT実験を行ってみました。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

開発ソフト: 
MCUチップ: 

I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32: Blynkで環境ログ(データの蓄積利用)

Blynkの使用例では、IoTデバイスを対話的に操作する例が多いですが、ここではThingSpeakを利用するアプリケーションと同様に、計測データをIoTプラットフォーム(この場合はBlynkサーバー)に蓄積して、現時点のIoTデバイスの計測値ではなく、サーバーに蓄積された計測値の継時変化を表示するためのスケッチを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: Blynkで環境ログ

BME280という環境センサーを利用すると、このセンサーだけで温度、湿度、気圧が計測できるのでとても便利です。
しかしながら、最近の多くのセンサーチップと同様に、稼働および信号電圧が3.3Vであるため、5Vで稼働しているArduino UNOには、直接接続できないという問題があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: Blynkで環境モニター

Blynkのお約束アプリとして、家などの温度や湿度を計測し、スマホでどこででも確認できるシステムを作成します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: Blynkで環境ログ(データの蓄積利用)

Blynkの使用例では、IoTデバイスを対話的に操作する例が多いですが、ここではThingSpeakを利用するアプリケーションと同様に、計測データをIoTプラットフォーム(この場合はBlynkサーバー)に蓄積して、現時点のIoTデバイスの計測値ではなく、サーバーに蓄積された計測値の継時変化を表示するためのスケッチを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - 温度センサー