You are here

ATmega328P

ESP8266-SEED

準備中

ESP8266-SEEDはESP-WROOM-02を手軽に利用するための電源/プルアップ・プルダウン抵抗/タクトスイッチなどを搭載したボードです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ROBOTA-UNO

準備中

高機能シールドだよ。
ROBOTA-UNOは魅力的な表示装置やセンサーなどの入出力装置をバランスよく装備した、ロボット形状のArduinoシールドキットです。

ROBOTA-UNOのご購入はこちら

ROBOTA-UNO-1

開発ソフト: 
MCUチップ: 

GALAXY-CUBE

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIXEL-CUBE

準備中

3D LED CUBEだよ。
WS2812Bを使用しています。
以下の3種類をご提供します。


  • Arduino UNO用
  • ESP8266-LEAF(ESP-WROOM-02)用
  • PIC18(PINGUINO)用

開発ソフト: 

実験中:いわゆるArduino互換機

MicrochipのUSBインターフェース付きチップのPIC18F14K50をFTDIのFT232RLの代わりに利用したArduino互換機を作ってみました。SSOPパッケージのFT232RLのハンダ付けは、私にとっては基本的に避けて通りたい悪夢のような作業ですが、DIPパッケージが利用できるPIC18F14K50は、気軽にハンダ付けができてUSB器機を心安らかに試作できるというところがみそでしょうか。

PIC18F14K50をUSBチップに!

開発ソフト: 
MCUチップ: 

SPの回路図とピン配置

REDUINO-SPの回路図

REDUINO-SPの回路図を以下に示します。


開発ソフト: 
MCUチップ: 

SPの製作手順

基板には、あらかじめ表面実装部品が取り付けられています。

基本的には、基板に実装したときに高さが低い部品から実装していきます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

REDUINO-SP: Starting Point!

Arduinoでフィジカルコンピューティング。。。だけではあまりにもったいないので、Arduinoの洗練された開発環境をマイコン入門に使おう。。。という発想のボードです。:-)

ネットショップ:好評発売中

REDUINO-SP

ATmega328Pを搭載したArduino互換機をベースにマイコン入門に最適な入出力デバイスをボード上に組み込んでいます。Arduino-0015のプログラミング環境では、[Tools-Board]メニューで[Arduino Duemilanove w/ ATmega328]を選んでいただくだけで利用できます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ATmega328P:ATmega168のメモリ倍増版

いろいろな用途で活用されているATmega168の上位チップです。基本的にはATmega168と共通機能ですが、メモリが以下の様にそれぞれ2倍になっています。

  • プログラムFLASH: 32KB
  • SRAM: 2KB
  • EEPROM: 1KB

Arduinoの機能強化にいかがですか。

ネットショップ

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - ATmega328P