You are here

文字LCD

CLCD-STACK

CLCD-STACK は基本的で利用範囲の広い16 文字× 2 行の文字液晶表示器を装備した、Arduino UNO/MEGALeonardo/DUE R3用シールドキットです。CLCD-STACK はArduino の入門者にはもちろんですが、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝する文字液晶シールドです。

CLCD-STACKの組み立て例

CLCD-STACK の特徴を以下に示します。


  • I2Cインターフェースを利用した16文字×2行の文字液晶ディスプレイを装備し、信号線2本のみで制御できます。
  • LiquidCristalと互換のライブラリCLCD_ST7032を提供しており、すぐに利用することができます。
  • タクトスイッチによる入力や機能の選択を行えます。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール、超音波距離センサーHR-04モジュールの接続端子を装備しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

CLCD-PLUS 文字液晶ミニシールド

Arduinoに文字LCD、スイッチ、圧電ブザーを接続するミニシールドです。利用分野の広い文字表示機能をArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、幅広いArduino利用者にオススメの1台です。

ネットショップ:

CLCD-PLUS

ボードはキットと組み立て済みで提供します。

開発ソフト: 

PICSYS18-XBEEのセンサースケッチ

センサーを利用するスケッチ

PICSYS18-XBEEにCLCD-BOOSTERを接続し、CLCD-BOOSTERに搭載されている温度センサーと光センサーを読み取って、文字LCDに値を出力する例をスケッチしていました。

PICSYS18-XBEEにCLCD-BOOSTERを接続する場合には、CLCD-BOOSTER中央のJP1のショートピンを左側の3.3V側にセットしてください。また、文字LCDのR/W端子を制御するJP3のショートピンは左側にセットしてR/Wをグランドに落とすようにしてください。

PICSYS18-XBEEには、単体でもセンシング機能が利用できるように、CLCD-BOOSTERと同じ温度センサーと光センサーが組み込まれているのですが、今回はJP4,JP5のショートピンをはずして、PICSYS18-XBEEのセンサーを切り離しています。

センサーを利用するスケッチの動作例

温度センサーを手で触ると、計測している温度がすぐに上昇していくのがわかります。

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS24-CORE+CLCD-BOOSTERのセンサースケッチ

CLCD-BOOSTERのセンサーを利用するスケッチ

PICSYS24-COREに、CLCD-BOOSTERを搭載し、CLCD-BOOSTERに搭載されている温度センサーと光センサーを読み取って、文字LCDに値を出力すると例をPICSYS24でスケッチしてみました。

PICSYS24-COREでCLCD-BOOSTERを利用したスケッチの実行例

上の写真を見てください。ArduinoにCLCD-BOOSTERを乗せたもの???ではありません。ベースのボードが黒く微妙にArduinoと異なってますよね。PICSYS24-COREです。:-)

開発ソフト: 
技術: 

CLCD-BOOSTERのセンサースケッチ

センサーを利用するスケッチ

CLCD-BOOSTERに搭載されている温度センサーと光センサーを読み取って、文字LCDに値を出力すると共に、光センサーの値でRCサーボを動かす例をスケッチしていました。RCサーボは、2つまでつなげられますので、温度センサーの結果でもう一つのRCサーボを動かすようにしてもいいかもしれません。今回、温度センサーではなく、光センサーの出力をRCサーボに出力することを選択したのは、温度の変化は通常ほとんどなかったり緩慢なため、RCサーボが元気に動かないからです。RCサーボを光センサーと組み合わせると、光センサに手をかざしたりライトを当てたりすると、RCサーボが勢いよく動いて結構楽しめます。

センサーを利用するスケッチの動作例

また、温度センサーを手で触ると、計測している温度がすぐに上昇していき、これも面白いですね。

同様なスケッチをPIC用のPICSYSフレームワークで記述した例も参考にして比較してみてください。

開発ソフト: 

CLCD-BOOSTERの回路図とピン配置

CLCD-BOOSTERの回路図

CLCD-BOOSTERの回路図を以下に示します。

開発ソフト: 
技術: 

CLCD-BOOSTERの製作手順

注:このページの写真では、基板左上に、電圧リファレンス関係の部品が取り付けられていますが、機能上の問題により、ご提供するキットには含まれておりません。また、基板上部のXBee関係の部品に関しては、オプションでのご提供となっております。

開発ソフト: 
技術: 

CLCD-BOOSTER

CQ出版者様のCQエレクトロニクス・セミナにCLCD-BOOSTERが採用されました。2009年8月8日、22日から実施されるAVR実習にご参加の上CLCD-BOOSTERをご活用ください。

ArduinoのリファレンスボードやPICSYSのArduinoスタイルボードに文字LCD、スイッチ、温度・光センサ、XBeeなどを一括接続するいわゆるシールドです。 標準的な入出力装置群を一括してArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、初心者にもヘビーユーザにもオススメの1台です。

ネットショップ:好評発売中

ボードは組み立て済みですのですぐにご利用いただけます。

CLCD-BOOSTER

Arduino IDEの標準ライブラリとして提供されているLiquidCrystalライブラリを利用して文字LCDにメッセージを出力してみました。

開発ソフト: 

PICSYS 表示制御・リファレンス

文字LCD

文字LCDの表示制御を行います。

  • void CLCD_init(byte rs, byte e, byte db4, byte db5, byte db6, byte db7)
    文字LCDの制御ピンを引数で指定してシステムに結合するとともに、表示器を初期化します。

開発ソフト: 

文字LCDの利用

文字LCDに単純なメッセージを出力する簡単なプログラムを作成します。

文字LCDは通常5Vの電源を必要とします。一方、PIC24Fは3.3V電源を利用するため、文字LCDを利用するためには、一般的には別途5Vの電源を用意する必要があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - 文字LCD