You are here

ドットマトリックスLED

DUAL-DML-STATION

DUAL-DML-STATIONの組み立て例


DUAL-DML-STATIONの回路図を示します。

DML-TRY

DML-TRY は8x8の赤色のドットマトリックスLEDを装備した、Arduino UNO/MEGA/Leonardo R3用シールドキットです。DML-TRY はArduino の入門者に最適なシールドです。

DML-TRYの組み立て例

DML-TRY の特徴を以下に示します。


  • 8x8の赤色のドットマトリックスLEDを搭載しています。
  • 4個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 加速度・ジャイロセンサーMPU6050の接続端子を装備しています。
  • 超音波距離センサーの接続端子を装備しています。
  • 5Vと3.3VのI2Cデバイスをそれぞれ1つ接続できる端子を装備しています。
  • I2Cの信号を5Vと3.3Vで変換する回路を内蔵しており、3.3VのI2Cデバイスを安全に接続できます。
  • RCサーボやWS2812/NeoPixelカラーLEDを接続できる端子を搭載しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

DUAL-DML-STACK

DUAL-DML-STACK は8x8のドットマトリックスLEDを2個装備した、Arduino UNO/MEGA R3用シールドキットです。

DUAL-DML-STACKの組み立て例

DUAL-DML-STACK の特徴を以下に示します。


  • I2Cインターフェースを利用した8x8のドットマトリックスLED2個を装備し、信号線2本のみで制御できます。
  • タクトスイッチによる入力や機能の選択を行えます。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール、超音波距離センサーHR-04モジュールの接続端子を装備しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

DML-BOOSTER

準備中:

Arduino UNO, LeonardoやPICSYSのArduinoスタイルボードにドットマトリックスLED、スイッチ、温度・光センサ、圧電サウンダーなどを一括接続するいわゆるシールドです。 標準的な入出力装置群を一括してArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、初心者にもヘビーユーザにもオススメの1台です。

ネットショップ:準備中

開発ソフト: 

ドットマトリックスLEDの表示

PIC-DEV-690RLに標準で搭載されている文字LCDの代わりに、ドットマトリックスLED:OPT-DML-2Sを搭載することができます。OPT-DML-2Sを搭載すると、ドットマトリックスLEDを利用したスケッチを楽しむことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

redDML:ドットマトリックスLED表示ライブラリ

REDUINOシリーズ用とCLCD-BOOSTER用のドットマトリックスLED表示器用ライブラリです。REDUINOシリーズとCLCD-BOOSTERのサポートソフトウェアとしてご提供いたします。

redDML:ドットマトリックスLEDライブラリの利用例

対応プラットフォーム

ダウンロードは、このページの下の方からどうぞ。

開発ソフト: 

PICSYS 表示制御・リファレンス

文字LCD

文字LCDの表示制御を行います。

  • void CLCD_init(byte rs, byte e, byte db4, byte db5, byte db6, byte db7)
    文字LCDの制御ピンを引数で指定してシステムに結合するとともに、表示器を初期化します。

開発ソフト: 

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ドットマトリックスLED

PICSYS18では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS18が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ドットマトリックスLEDの利用

単球のLEDの表示もPWMを利用するなどいろいろ楽しめるものですが、少し慣れてくるとにぎやかな、あるいは表現力の高い表示装置が欲しくなってきます。そのような時に皆さんが強い興味を示す表示装置の一つが、ドットマトリックスLEDでしょう。

ここではOPT-DML-2Sを対象として、ArduinoでのドットマトリックスLEDの基本的な操作法を紹介します。REDUINO-VALKYRIEREDUINO-GHOSTでは、このような魅力的な表示装置を面倒なワイヤワークを行うことなくワンタッチで利用できます。

OPT-DML-2Sは、8×8ドットのマトリックス(配列)を構成したLEDで、各ドットは赤と緑の2色LEDで構成されており、これらの2色の表示/非表示の組み合わせで、黒、赤、緑、橙の4色を表示できます。また、文字LCDの4ビットモードで利用する信号線で制御することができ、Arduinoで簡単かつ省ピン構成で制御することが出来ます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to RSS - ドットマトリックスLED