You are here

MPLAB C18

PICSYS18-STICK

PIC18F26J50チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ2個を搭載したMCUモジュールです。組み立て済です。

ネットショップ:

PICSYS18-STICK

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PIC18-USBサンプルプログラム

整備中

○ USBサンプルプログラム

USBブートローダーのパッケージには、ブートローダーで書き込むことができるUSBプログラムのサンプルも同梱しています。。

開発ソフト: 
技術: 

PIC18-USBブートローダー

Arduinoの様にPC側のブートローダーがIDEと連携できていないため、少し面倒かなと思いましたが。。。

ブートローダをそのものをチップに書き込むとき以外は、PICkit2を全く使わなくなりました。きわめて快適です。:-)


○ 対応ボード

USBインターフェースを内蔵したPIC18を利用した以下のボードのUSBブートローダーのご提供を開始しました。

USBブートローダーを利用するとPICkit2/3などのプログラムライタを利用しなくても、USB接続を通じてPIC18チップへのプログラム書き込みを行うことができる様になります。(ブートローダーそのもののチップへの書き込みにはプログラムライタが必要だけどね。。。X-P)

USBブートローダー:HIDBootLoader.exeの画面

パッケージのはすぐにチップに書き込めるHEXファイルと、ソースファイルが含まれています。

開発ソフト: 
技術: 

PWMによるLED表示

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

RCサーボの利用

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS技術的注意/制約事項

PICSYSを利用する上での技術的な注意/制約事項を示します。


PICSYS24

ピン割り付け機能

PIC24Fの特徴的で協力な機能であるピン割り付けとそれを利用した周辺モジュールの利用機構はまだご提供できていません。

PWM

RCサーボの利用

RCサーボの利用

PICSYS18では、4個までのRCサーボを任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
RCサーボの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにRCサーボを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PICSYS18では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

ビープ音の出力

PICSYS18では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - MPLAB C18