You are here

REDUINO-NANO

ATMEGA168とFT232RLを搭載したコンパクトで強力なUSBインターフェース付きMCUモジュールです。

USBでPCと連携させ、強力なセンサーノードあるいはコントロールノードとして利用することが出来ます。また、電源はUSBコネクタから取得でき、基板から直接入出力端子を引き出せるので、PCとこのモジュールだけでいろいろな実験が行えます。

Arduinoハードウェアのコンパチブル/クローンではありませんが、AVR-MOD-AM168Uをベースとし、Arduinoプログラミング環境のプラットフォームとして利用することを想定して構成しています。Arduinoの純正ハードウェアとしてはArduino Nanoが最も構成が近いですが、スイッチやLEDなどの入出力や、連結ピンの配置などが異なっています。また、基板上に複数の拡張端子が設けられており、ブレッドボードなしで、LED、圧電サウンダ、温度センサ、可変抵抗、RCサーボなどを入出力とするスケッチを手軽に行えるという大きな特徴もあります。

拡張端子のArduino割り当て

端子名 Arduinoポート 備考
SW2 D8 アクティブロー
SW3 D9 アクティブロー
LED1 D3 アクティブロー
CN3 D10 RCサーボなどに最適
CN4 A7 温度センサなどのアナログ入力に
CN5 D2
CN6 D4

また、連結ピン(オプション)を追加すれば、28PINのDIPモジュールとしてベースとなる基盤やブレッドボード上で利用できます。ピン配置は、基本的にPDIP28版のATMEGA168のそれに合致しています。(ただし、AREFピンがADC6に交換されています)

  • ATMEGA168とFT232RLを搭載(あらかじめ基板に半田付けされています)
  • クリスタルは、Arduinoで標準的に用いられている16MHzを装備
  • ATMEGA168にはArduinoブートローダーを書き込み済み
  • Arduinoでは取り扱いに注意を要する電圧リファレンスのMCP1541は装備していません
  • スイッチや拡張端子を装備しており、電源はUSB端子から取れるので、単体で利用が可能
  • 3個のスイッチ(リセット:1/IN:2、リセットボタンは入力ピンに切り替え可)を装備
  • ISP端子を装備
  • モジュールの周辺に配置された拡張端子に、LED、圧電サウンダー、温度センサー、サーボなどを接続可能
  • 28ピンDIPの連結ピンを追加することにより、ブレッドボード上で利用したり、MCUとして他のボード等に組み込み利用が可能

注:部品の実装密度が高く、すべての部品を半田付けした後に連結ピンを半田付けするのは少々難しくなっています。連結ピンを接続して利用することを想定されている場合には、オプションの連結ピンも合わせてお求めの上、部品実装時に一緒に取り付けてください。

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: 
技術: 
プログラムライタ: