You are here

GHOSTの回路図とピン配置

REDUINO-GHOSTの回路図

REDUINO-GHOSTの回路図を以下に示します。


ATTINY25は、ハック用パーツでキットには含まれていません。ATTINY25は、グラフィックLCDが必要とするクロックの供給と、タクトスイッチの活性化制御を行う制御線の制御に利用します。これにより、ATMEGA644Pのピンを2本節約 :-P することと、グラフィックLCDのクロックがATMEGA644Pの稼働状況に関わらず供給されるようになります。

REDUINO-GHOSTには、AD変換用の電圧リファレンスとして、MCP1541(オプション)を搭載できるように回路が構成されています。MCP1541の出力とATMEGA168のAREF端子の間には保護用の抵抗が組み込まれており、AREFが外部入力以外に設定された場合でも、問題が生じないように配慮されています。

ATMEGA644PのRXD0端子とRS232/USBドライバの端子には、保護用の抵抗を組み込んでいます。従って、スケッチでRX端子を通常のデジタル出力に設定して利用しても、RS232/USBドライバの出力と競合してダメージを受けることがないようになっています。

GHOSTのポート構成

Sanguinoでのデジタルポート、アナログポートのピン構成を示します。

REDUINO-VALKYRIEでは、文字LCDがI/Oピン(特にアナログピン)のある程度の部分を占めていますが、グラフィック/文字LCDやそのほかの表示装置が必要ない用途であれば、それをソケットからはずすことにより、ほとんどのI/Oピンをスケッチで自由に利用できるようになります。

どのような経緯あるいは制約があったのかわかりませんが、標準(ATMEGA168版)のArduinoでは、PDポートからデジタルI/Oピンの番号が振られているのに対して、Sanguinoでは、PBポートから番号が振られており、若干の注意が必要です。

デジタルポート

Arduinoポート 端子名 接続先 備考
D0 PB0 ブートモニタLED
D1 PB1
D2 PB2/INT2 (*SW有効化)
D3 PB3/OC0A (*LCD:R/~W) PWM
D4 PB4/OC0B/~SS LED2、 (GLCD:CL) PWM
D5 PB5/MOSI
D6 PB6/MISO
D7 PB7/SCK
D8 PD0/RXD0 USB/RS232:TX
D9 PD1/TXD0 USB/RS232:RX
D10 PD2/RXD1/INT0 (*GLCD:~CS1)
D11 PD3/TXD1/INT1 (*GLCD:~CS2)
D12 PD4/OC1B PWM
D13 PD5/OC1A PWM
D14 PD6/OC2B (GLCD:~CS1) PWM
D15 PD7/OC2A (*GLCD:CL)、(GLCD:~CS2) PWM
D16 PC0/SCL
D17 PC1/SDA
D18 PC2 GLCD:DB0
D19 PC3 GLCD:DB1
D20 PC4 GLCD:DB2
D21 PC5 GLCD:DB3
D22 PC6 GLCD:A0/CLCD:RS
D23 PC7 GLCD:E/CLCD:E

アナログポートはデジタルI/Oとして利用できるのは、標準のArduinoと同様ですが、デジタルI/Oピン番号の振り方が、アナログピン番号と逆順に振られているので注意が必要です。

アナログポート

Arduinoポート 端子名 接続先 備考
A0/D31 PA0
A1/D30 PA1
A2/D29 PA2
A3/D28 PA3
A4/D27 PA4 GLCD:DB0
A5/D26 PA5 GLCD:DB1
A6/D25 PA6 GLCD:DB2
A7/D24 PA7 GLCD:DB3
開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: