You are here

REDUINO-GHOST

News

Sanguino v1.4が2009/2/17にリリースされました。Arduino-0013に対応した差分パッケージになっています。


REDUINO-GHOSTは、ATMEGA644PをMCUとするArduino(Sanguino対応)プラットフォームとして設計された新世代のREDUINO標準機です。大容量のメモリと多数のI/Oピンを備えており、ATMEGA168ではメモリ容量やI/Oピン数などで壁に突き当たった用途にでも、余裕で対応することができます。

REDUINO-GHOST644U(USB版)

ネットショップ

REDUINO-GHOSTは、LEDの接続ピンやスケッチのアップロード時のオートリセット機能など、Sanguinoの最新機に準じて構成していますので、Sanguinoの標準のブートローダーをそのまま利用することができます。

REDUINO-GHOSTは、Arduino(Sanguino)での利用を強く意識して開発されていますが、AVR Studio, WinAVR, ISP端子によるプログラム書き込み、JTAG端子によるデバッグといった、従来のAVRプログラミングにも対応しており、Arduinoを利用しないATMEGA644Pのプロトタイピング用基板としても便利にご利用いただけます。

REDUINO-GHOSTは、RS232インターフェースを装備したREDUINO-GHOST644Rと、USBインターフェースを装備したREDUINO-GHOST644Uの2種類のキットとしてご提供します。用途に応じてUSBインターフェースかRS232Cインターフェースを(購入時に)選択して利用できます。(両方を切り替えて利用できるわけではありません。)

ブレッドボードへの直挿しが可能

REDUINO-GHOSTは、基板の下部にヘッダーピンを装着できるようになっており、それを直接ブレッドボードに挿して利用することができます。

ポピュラーな表示装置を搭載可能

REDUINO-GHOSTには、2個のLEDと5個のスイッチ、ポピュラーな表示装置に対するインターフェースが基板上に搭載されており、単体でもいろいろと楽しめます。

搭載可能表示装置

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: