I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-HOMEではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP32-DEVC-HOMEでBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP32-DEVC-HOMEの構成に合わせた特別なコードは含まれていません。

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <WiFi.h>
#include <WiFiClient.h>
#include <BlynkSimpleEsp32.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
  Blynk.syncAll() ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

Arduino UNOでBlynk

イーサネットシールドなどのネットワークインターフェースを接続せずに、Arduino UNO(とUSBでそれがつながったPC)のみでBlynk用のIoTデバイスが作れるなんて結構衝撃的!

USB接続ですが、世界中から操作可能なれっきとしたIoTデバイスです

開発ソフト: 
技術: 

ESP8266-LEAF-R5ではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP8266-LEAF-R5でBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP8266-LEAF-R5の構成に合わせた特別なコードは含まれていません。
実質的に、初期化のbegin()メソッドと、基本的な処理のrun()メソッドだけで何ができるでしょう?

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <BlynkSimpleEsp8266.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32-DEVC-HOME

ESP32-DEVC-HOMEの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。

Blynkを使用した様々なIoTアプリケーションを作成することができます。
Blynkでの利用例は以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp32/index


  • ESP32-DevKitCを利用したIoTシステムの試作や実験を行う開発ボードキットです。
  • ESP32-DevKitCは別途ご用意ください。
  • OLEDディスプレイを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • BME280センサーを装備しており、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • タクトスイッチ、LED、圧電サウンダを装備しています。
  • 赤外線リモコン用の送受信装置を装備しています(適切なライブラリがなくテストを行っていません)。
  • 5V用のI2Cデバイスや、RCサーボ/カラーLED:WS2812などの接続回路を備えています。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは引き出されていません。
  • 基板のシルク印刷の一部に誤りがあります。


ESP32-DEVC-HOME-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-HOME(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-KEY

ESP32-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ピンヘッダーとピンソケットはご自身ではんだ付けしてください。


  • ESP-WROOM-32をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板です。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは未接続となっています。


ESP32-KEY-R1

ネットショップ:


ESP32-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-KEY

ESP8266-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ピンヘッダーとピンソケットはご自身ではんだ付けしてください。


  • ESP-WROOM-02をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板です。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で1A以上の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。


ESP8266-KEY-R1

ネットショップ:


ESP8266-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-KEY

ESP32-DEVC-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。


  • ESP32-DEVKITC(別売)をブレッドボードで利用する際の利便性を高める端子幅の変換基板キットです。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 5V用のI2Cデバイスの接続回路を備えています。
  • USBケーブルや電源ケーブルが邪魔にならないように、それらのコネクタを奥側に配置しています。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンはブレッドボード用にピンとは別に引き出されています。


ESP32-DEVC-KEY-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-KEY(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-LEAF

ESP8266-LEAFはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

ESP8266-LEAFの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • ESP-WROOM-02は、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • 使用者の自由な発想でハードウェア的に機能拡張するための信号線が引き出されています。
  • 拡張用の信号線は、基板上部の一列のピンヘッダーに引き出されており、ブレッドボードに挿して利用できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:49.5mmW X 40.6mmH

ESP8266-LEAFの利用法は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/esp8266/workshop/index
ESP8266-LEAFのBlynkでのIoT利用は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp8266/index
ESP8266-LEAFのThingSpeakでのIoT利用は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/thingspeak/esp8266/index


ESP8266-LEAF-R5(組立済)

ネットショップ:

ESP8266-LEAF-R5には以下のような拡張機能が組み込まれており、ボードのみで様々な応用が可能です。


  • 明るさセンサーを搭載しています。
  • 赤外線LEDを搭載しています。
  • 5VインターフェースのRCサーボ/WS2812(NeoPixel)カラーLEDを接続できる回路と端子を搭載しています。
  • OLEDディスプレイを搭載できます。
  • BME280環境センサーを搭載できます。
  • MPU6050加速度・ジャイロセンサーを搭載できます。

ESP8266-LEAF-R5 (組立済)

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

RASPI-HOME

RASPI-HOMEはRaspberry Pi 3用の強力な拡張ボードです。

IoTなどの試作・実験に最適なデバイスを一つのボードにまとめました。


  • 128x64ドットの鮮やかな発色のOLEDディスプレイを装備しており、文字表示やグラフィック表示を行うことができます。
  • 基本的な入出力として、4個のタクトスイッチ、2個のLED、圧電サウンダーを装備しています。
  • BME280環境センサーを装備しており、温度、湿度、気圧などを計測することができます。
  • 赤外線リモコン用の赤外線LEDと赤外線レシーバーを装備しています。
  • MPU6050加速度・ジャイロセンサー(別売り)を接続できます。
  • HC-SR04超音波距離センサー(別売り)を接続できます。
  • 5VのI2Cデバイスの接続用コネクターを装備しています。
  • RCサーボや、WS2812カラーLEDを接続可能な端子を装備しています。
  • GPIOの信号線を引き出すための端子を装備しています。

ネットショップ:

RASPI-HOMR-R2(組立済)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to マイクロファン ラボ RSS