You are here

ESP32-DEVC-HOME

ESP32-DEVC-HOMEの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。

Blynkを使用した様々なIoTアプリケーションを作成することができます。
Blynkでの利用例は以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp32/index


  • ESP32-DevKitCを利用したIoTシステムの試作や実験を行う開発ボードキットです。
  • ESP32-DevKitCは別途ご用意ください。
  • OLEDディスプレイを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • BME280センサーを装備しており、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • タクトスイッチ、LED、圧電サウンダを装備しています。
  • 赤外線リモコン用の送受信装置を装備しています(適切なライブラリがなくテストを行っていません)。
  • 5V用のI2Cデバイスや、RCサーボ/カラーLED:WS2812などの接続回路を備えています。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは引き出されていません。
  • 基板のシルク印刷の一部に誤りがあります。


ESP32-DEVC-HOME-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-HOME(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

ESP32-DEVC-HOME(部品一覧)

部品はスルーホール部品のみですので、簡単にはんだ付けすることができます。

ESP32-DEVC-HOME(組み立て例)

我々が使用したESP32-DevKitCでは、スケッチの自動書き込み機能がうまく機能しませんでした。
ENとGND間に0.1uFのコンデンサを追加することにより、スケッチの自動書き込みが問題なく行えるようになりました。

注:写真に写っているESP32-DEVKITC, ブレッドボードはキットには含まれていません。


OLEDディスプレイを装備しており、ボードの状態や、ネットから取得した情報などを文字表示だけではなく、グラフィック表示で示すことができます。

OLEDディスプレイの利用には、U8g2ライブラリを使用することができます。
U8g2ライブラリは、以下のURLからダウンロードできますが、Arduino IDEのライブラリマネージャで簡単にインストールすることができます。

https://github.com/olikraus/u8g2

U8g2ライブラリの前身のU8gライブラリは、組込み用MCUの少ないRAMでも利用できるようにするために、少々変則的な利用法となっていましたが、U8g2ライブラリでは、ESP-WROOM-32のように十分なRAMが組み込まれた最近のMCU用に、素直な利用法が行えるfull_buffer方式が利用できるようになっています。

ESP32-DEVC-HOME(OLEDディスプレイの表示例)

U8g2ライブラリのデモプログラムを利用したOLEDの表示例です。
full_bufferバージョンの利用例で、以下の様なコンストラクタを利用しています。

U8G2_SSD1306_128X64_NONAME_F_HW_I2C u8g2(U8G2_R0, /* reset=*/ U8X8_PIN_NONE);

テキスト専用のu8x8ライブラリを利用する場合には、以下の様なコンストラクタを利用します。

U8X8_SSD1306_128X64_NONAME_HW_I2C u8x8(/* reset=*/ U8X8_PIN_NONE);


ESP32-DEVC-HOME(5VのI2Cデバイスの利用)

5V電源で稼働するI2C接続のドットマトリックスLEDを接続・表示した例です。

この例では、ライブラリはAdafruit LED Backpack Library を使用しています。
ライブラリは、Arduino IDE のライブラリマネージャでインストールすることができます。


ESP32-DEVC-HOME(WS2812の利用)

カラーLEDのWS2812を接続・表示した例です。

この例では、下記のプログラムを利用しました。
https://github.com/MartyMacGyver/ESP32-Digital-RGB-LED-Drivers
まだ実験的な実装の様ですが、ESP32のRMT機能を利用したもので、問題なく稼働しました。
WS2812を利用する際には、WS2812がかなり明るいことと、一つ当たり最大で60mA程度消費するため、以下のような注意が必要です。


  • 実験的な表示の際には、消費電力を抑え、目にダメージを与えないように、1/10ぐらいの明るさに設定する。
  • 5Vの電流を多く消費するので、少なくとも5V,2-3A程度のACアダプタを接続する。例えば、8x8のマトリックスをフルパワーで使用する場合には、計算上は4A近くの電流を消費するので、明るさを適切に制御しない場合には、さらに大きな容量の電源を必要とします。


ESP32-DEVC-HOME(ブレッドボードへの取り付け)

ESP32-DEVC-KEY(回路図)


開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: