You are here

IoT-BOOSTER

準備中

Arduino UNOとBlynkを使用して、手軽にIoT実験を行えるようにしたシールドキットです。

Blynkでは、Arduino UNOにイーサシールドなどを接続しなくても、USBケーブルでつながったPCをゲートウェイとしてArduino UNOをインターネットに接続し、手軽にIoT実験を行うことができます。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/arduino/index

IoT-BOOSTERの組み立て例


  • 環境センサーBME280を搭載し、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • 赤外線LEDを搭載し、赤外線リモコンに対応した家電機器を操作する機能を実現することができます。
  • 赤外線受信機を搭載し、赤外線リモコンの信号を受信・解析することができます。
  • 明るさセンサーを搭載しています。
  • 圧電サウンダーを搭載し、電子音を鳴らすことができます。
  • LEDを2個搭載しています。
  • 5VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • I2Cの信号を3.3Vに変換する回路を搭載しており、3.3VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • 焦電センサなどの外部デバイスを接続できる端子を装備しています。
  • RCサーボやNeoPixel/WS2812カラーLEDを接続できる端子を2個装備しています。
  • タクトスイッチを4個搭載しています。
  • OLEDディスプレイを搭載することができます。

OLEDディスプレイとArduino UNOの接続例


開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: