You are here

AVR開発環境

AVRの開発環境は、AVR StudioとWinAVRの組み合わせで決まりでしょう。両方とも無償で利用できるため、費用をかけずに効果的な開発環境を構築することができます。
AVR Studioは、プログラムの編集、コンパイル、チップへの書き込み、デバッグなどをシームレスに実施できる統合型開発環境で、ATMELから無償で提供されています。
WinAVRは、GNU GCCをベースとしたC/C++コンパイラで、AVR Studioに組み込んで利用することができます。

開発ソフト: 
チップファミリー: